ふくらはぎの痛みは冷え性の女性に多い!その原因とは?

冷えてくるとふくらはぎが痛くなるってことありませんか?

特に冷え性の方なんかは、頻繁に痛くなることが多いのではないですか?

私も足が冷えてふくらはぎが痛くなってしまうことがよくあり、しかも痛いと歩くのも辛いので、温めたりして和らげようと頑張っています。

実は、このふくらはぎの痛みを感じる方は、冷え性の女性に多くみられるんです。

スポンサーリンク

しかも2人に1人という割合で冷え性の女性はふくらはぎの痛みに悩まされているそうです。

その冷え性の「冷え」っていったい何が原因で、改善の方法ってあるのか気になりますよね。

そこで今回はふくらはぎの痛みの原因となる冷えを改善する方法など、紹介していきたいと思います!

ふくらはぎの痛みは冷えが原因?女性特有の冷えその正体とは!

女性の場合ふくらはぎの痛みの原因の多くは女性特有の冷えからくると言われています。

ではその、女性特有の冷えとは?

なんで女性に多いの?

など、そんな疑問が出てくると思います。

ここからは、女性特有の「冷え」の正体について調べたのでお話ししていきますね。

女性が冷えやすい原因って大きく分けて2つあります。

1つ目は男性より筋肉が少ないから。

私たちの体は、筋肉を動かすことによって熱ができて、体が温まるようになっています。

ただ女性は、男性に比べて筋肉が少なく、しかも筋肉が付きにくいので、熱がなかなか作れなくなり冷えやすくなると言われています。

また、食事制限など過度なダイエットにより、更に筋肉が無くなって冷えが酷くなってしまうので、過度なダイエットはしないでくださいね。

2つ目は女性特有のはたらきの月経も原因の一つ。

月経は女性特有のもので、周期が来ると熱を運ぶ血液がたくさんなくなってしまうので冷えやすくなるとも言われています。

また男性には無い臓器(子宮や卵巣など)があるため、お腹の部分の血行が悪くなって熱が運ばれにくくなっているのも原因の一つ。

この2つの原因をみてみると、女性特有の「冷え」は仕方ないように感じますよね。

けれどそれ以外にも、薄着ファッションや運動不足、冷房など、冷える場所による原因などが挙げられています。

それらを改善していくと、冷えも和らぐはずですよ!

スポンサーリンク


ふくらはぎの痛みの原因になる冷え性を改善する5つのポイント!

下着やストッキングの締め付けが血行を妨げる?

常に身に着けている下着や身だしなみとしてまたは防寒対策として、ストッキングを穿くことってあると思います。

しかし、ガードルなど締め付けてしまう下着やゴムが固いストッキングを穿いたりしていると血行不良になってしまい、冷えの原因にもなってしまうので注意してくださいね。

ストッキングを穿く時は医療用のストッキングを穿くといいですよ。

冷えを改善する5つのポイントも調べたので紹介します!

① 運動をしよう!

ウォーキングや、家の中でできるスクワットなど、運動をすると筋肉を使うので、血行も良くなり体が温まるので冷えも改善できます!

毎日運動する習慣をつけるといいですよ。

② 食べ物で改善!

血行良くする食べ物には、体を温める効果も!

にんじんやゴボウ、カボチャに玉ねぎなどしっかりと調理して温かいうちに食べると、より効果的

ただ、冷たい生野菜やトマトにバナナなどを食べすぎると冷えの原因になってしまうので注意が必要ですよ。

③ 薄着ファッションは避けて!

お洒落をするために、薄着ファッションをする方も多いと思います。

ですが薄着は冷えの根本的な原因なので、薄着ではなくちょっと緩めの服装や締め付けない服装を心がけておくといいですよ。

④ 過度なダイエットはしない!

過度なダイエットをすることによって、筋肉も落ちて、熱が作りにくくなるので冷えの原因に!

なので、食事制限はしないでしっかりと3食バランスよく食べてくださいね。

⑤ マッサージしよう!

マッサージすることによって、血行不良が改善されるので冷えも改善されます。

まとめ

冷えの主な原因の正体は、女性特有の月経や、男性よりも筋肉が少ないことでなることが分かりました。

これら以外にも、いろいろな原因がありそれらを改善していくことによって冷えもなくなります。

毎日運動やマッサージをして、食事もしっかり摂り、体の中から改善して冷えをなくしていきたいですね!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ