年賀状に一言添え書き!親戚や上司に好印象の文例はコレ!

nenga01

そろそろ年賀状の準備をしなくちゃ♪

もうそんな時期が来てしまいましたね。

パソコン、プリンターさえあればデザイン、レイアウト、印刷まで
年賀状の作成が自分ひとりでできる時代になりましたが、

年賀状に一言添え書きってしてますか?

一括印刷だけで送ってもパッと見てスルーされてそうだし・・・

たとえ短文の添え書きでも、あるのとないのとでは印象が違いますよね。
一言であれ、その人なりの気遣いが見え隠れして嬉しいものです^^

ですが、これからなにかと気忙しくなる時期ですし

なるべくなら早めに済ませたいのが本音ではないでしょうか!?

そこで今回は親しい友達や親戚・上司や取引先へ
好印象の添え書きの文例を考えてみました。

一言添え書きって簡単にできるかな~?

とお悩みの方はぜひ一度ご覧になってください。

スポンサーリンク

年賀状に一言添え書きするには!

う~ん 何かいいコメントないかな~?

このように、書き添える文章が思い浮かばず

だんだん気が重くなって放置したり・・・

わりと悩まれる方も多いと思います。

こういったパターンを解消するには!

まず、誰に宛てての年賀状か、送る相手を思い浮かべてみてください

そして、その相手との一番印象深い場面

もしくは、そのときの出来事を思い出してみる
(当人同士しかわからないシュチュエーションなど)

新たな目標や新年の抱負を述べる

率直に一言感謝の気持ちを伝える
(日頃お世話になっているお礼など)

近況を報告する
(結婚 出産 引越し 合格など)

身体、健康面を気遣う

上記の中に、何か送り先に使えそうなものはありませんか?

年賀状に一言添え書きするには

日頃、年賀状を送る相手との関係性や親交の深さなどで
それぞれ書き添える事柄が異なってくるので
そのベースを崩さないようにされると良いでしょう。

では、書き添える文面は

印刷か?手書きか?どっちがいいの?

年賀状に一言添え書きするなら手書きがオススメ!

添え書きするならやっぱり手書き!

きれいな文字が書けない、自信がない、上手く書けない
それでも、手書きをオススメします!

年賀状が両面すべて印刷文字だと、素っ気ない感じしませんか?

たとえ、へたくそな字だと思われようが心をこめて書いてください。
ほんのちょっとの気遣いで気持ちは伝わるはずですから!

手書きで一言添え書きするときのポイント

目上にあたる方、上司、先輩、恩師などには

やはり礼を尽くし、できるだけ堅めの言葉を用いるようにしてください。

友達、知人、同僚など

相手があまり気兼ねしなくていい間柄であれば柔らかめで、
普段会話するような言葉でも問題ないでしょう。

かえって、距離感が縮まるのでは!

年賀状に一言添え書き文例

お正月の年賀状、すなわち新年のご挨拶となるものです。

親戚、上司、先輩、恩師など、とくに自分より目上にあたる方へは
やはり、きちんと礼儀正しく相手に失礼のない年賀状を送りましょう。

ここで印象がよければ一枚の年賀状がきっかけとなり、
後々、公私共に可愛がってもらえるというようなケースもありです!

スポンサーリンク


年賀状の一言添え書き文例

友達・親戚向き

旧年中は色々とお世話になり誠にありがとうございました

今年もよき年でありますよう心よりお祈り申し上げます

本年も変わらぬお付合いのほどよろしくお願い申し上げます

今年も家族揃って無事に新年を迎えることができました

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

新たな家族が増え、楽しいお正月を迎えることができました

○○に引っ越しました。みんなで遊びに来てください

お近くにお越しの際は、ぜひ遊びに来てください

平素はご無沙汰を重ねまして誠に申し訳ございません

昨年は会えずじまいでしたが今年は是非ともお会いしたいものです

○○との卒業旅行が今から待ち遠しいです

いよいよ春から社会人の仲間入り、頑張ります!

今年の春には○○が小学一年生に!

下の娘はヨチヨチ歩きを始めたところです

上司・先輩向け

昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます

旧年中は公私にわたり親身なご指導をいただき、誠に有り難うございました

本年も変わらぬご教示を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます

本年も変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます

今年はこれまで以上に努力をし、営業スキルを向上させる決意でおります

取引先・社外向け

御社のご繁栄ご清福を心からお祈り申し上げます

旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

旧年中は一方ならぬご愛顧を賜りまして、心より御礼申し上げます

本年も皆様のご期待に添うべく、より一層の努力をして参る所存です

本年も一層のご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます

上記文例に送り先の方のお名前を加えたり
多少コメントをプラスするなどアレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

年賀状のやりとりが唯一楽しみでもあり
また、反対に億劫でもあり、人によって様々かと思います。

でも、あたたかみのある年賀状をもらったら
誰しも、ほっこりした気分になりませんか?

メールやライン、時代の流れでいいとは思いますが
どちらかといえば、昔っぽくても手書きのほうが私は好きです。

時間に余裕があれば、絵手紙風の年賀状もオススメですよ♪

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ