バレンタインは彼のお父さんにもあげる?お母さんはどうする?

valentine06

バレンタインのチョコレートなどの贈り物を、交際中の彼だけでなく彼の家族にまでしたほうが良いのかと悩む女性がいます。

Q&Aサイトでも、彼氏の父親や母親などにあげたほうがいいのかと質問をしている人が少なくありません。

今回はこの問題にスポットをあてて話を進めますので、迷った場合には参考にしてください。

スポンサーリンク

バレンタインは彼のお父さんにもあげる?

まず、バレンタインの贈り物は必ずしなければいけないものではありません。

これは彼の家族に対してだけでなく、彼に対しても同様のことがいえます。

そのため、バレンタインのチョコなどを彼のお父さんにあげるかどうかは個人の自由です。

あげたくなければあげなくてもいいですし、あげたくなければあげなくてもまったく問題ありません。

ただ、あげる場合には気をつけなければいけないことがあります。

彼とだけ関わりがあり、彼の家族が自分の存在を知らないか、知っていても話をしたことがないような場合、突然チョコレートなどを贈られると困惑されてしまう可能性が高いです。

仲良くしていたり、なにかとお世話になっていたりする場合はまだよいのですが、そうでない場合には結婚もまだしていないわけですし、無理にあげる必要はないでしょう。

彼のお母さんや家族はどうする?

彼の父親だけでなく母親や彼の兄弟姉妹、祖父母などにあげたほうがいいのかと思う人もいるでしょう。

この点に関してですが「バレンタインは彼のお父さんにもあげる?」と同じことがいえます。

親しくしている場合以外、無理に贈り物をする必要はないでしょう。

とくに彼の母親は注意が必要で、彼女がいることを快く思わない人もいます。

彼女認定されていたり、仲良くしていたりする場合は心配する必要はありませんが、面識がない状態であげるのは相手の気分を害してしまう恐れがあるため、やめておいたほうがよいでしょう。

また、誰かにあげて誰かにあげないということをすると、不公平だと感じられてしまう可能性もあります。

贈る側に悪気がなくても角が立ってしまう場合があるため、この問題を回避したいということであれば、家族全員に行き渡るチョコレート・お菓子などを贈るのが良いでしょう。

スポンサーリンク


プレゼントをあげるなら何が喜ばれる?

valentine09彼の家族にバレンタインの贈り物をすると決めた場合に、なにを贈るか迷う人がいます。

何が喜ばれるのかバレンタインのプレゼントのランキングをチェックする人もいるでしょうが、1位のものが鉄板かというとそうではありません。

なぜかといいますと、まず人には好みというものがあります。

バレンタインのプレゼントの定番はチョコレートですが、世界中のすべての人が好んで食べているわけではありません。

仮にバレンタインのプレゼントランキングの1位がチョコレートだったとしても、あげる彼の父親がチョコ嫌いだった場合、プレゼントは失敗です。

このことから、プレゼントをあげるなら何が喜ばれるのかというのは一概にいえません。

贈り物で失敗したくない場合には、彼に家族の好みを聞くことをおすすめします。

どういうものが好きなのか、または嫌いなのかを聞き出すことができれば、喜ばれる贈り物を選びやすくなります。

また、チョコレートは嫌いではないけれど、手作りのチョコレートは無理という人は少なくありません。

「手作りのほうが心がこもっている感じがしていい」と思ってあげたのに喜んでくれなかったということを避けるためにも、この点は彼に確認をしたほうが良いでしょう。

そのほか、チョコレートにはお酒入りのものもあります。

チョコレートは好きでもお酒は飲めないという人がいるため、これも贈り物として選ぶ際には彼に問題ないか確かめたほうがいいです。

これはチョコレート以外の食べ物にもあてはまることですが、特定の原材料や成分にアレルギーを起こす人は少なくありません。

一般的に食品アレルギーや食物アレルギーといいますが、彼の家族が持っていないか確認することが大切です。

まとめ

Q&Aサイトの回答者の回答などをリサーチした限りでは、ここでも提案しましたが、結婚でもしていない限り、仲良くしていたりお世話になっていたりする場合以外は彼の家族にあげる必要はないという意見が多数を占めていました。

また、なかには家族と関係がある・ない、親しい・親しくないに関係なく、普通はあげないといっている人も少なくありませんでした。

あげて相手を困惑させたり、変に気を遣わせたり、気分を害したりする可能性はあっても、向こうからリクエストをされているような場合を除き、あげずに相手を困らせる・悲しませる・怒らせるといった問題が起こる心配はありません。

あげないほうがいいとまではいいませんが、あげる場合にはここで挙げたような注意点があることを理解した上で行動にうつしましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ