PM2.5が花粉症を悪化させる?有効な対策と飛来する時期

pm2.501

現在北京や天津などで

深刻な問題となっているPM2.5

このPM2.5は体に様々な悪影響を与える危険があります。

また、花粉症を悪化させるという側面も持っています。

そして、PM2.5の被害は北京や天津のみではおさまらず、
日本への影響も懸念されています。

今回はそんなPM2.5が体に与える影響、花粉との関係、
私たちができる対策をご紹介していきます。

スポンサーリンク

PM2.5ってなに?

PM2.5とは大気中に浮遊している直径2.5μm(マイクロメートル)以下の微粒子状の物質のことをいいます。

物質の細かい種類などは関係なく、直径2.5μm以下の大きさの物質のものすべてがPM2.5ということになります。

2.5μm以下のサイズと言われてもピンとこないかもしれませんね。

私達の髪の毛はおよそ70μmといわているため、PM2.5は髪の毛の1/30程度の大きさ。

今回話題にあげている花粉のひとつであるスギ花粉はおよそ30μmといわているため、PM2.5はスギ花粉の1/10程度の大きさ。

つまり、PM2.5は私達の肉眼ではとらえることのできない超微粒子な存在なのです。

PM2.5が発生する原因はさまざまありますが、現在中国を中心に問題となっているPM2.5は工場や火力発電所での安価な石炭の燃焼。

暖房などで使われる質の悪い練炭、質の悪いガソリンを使った車の使用などがあげられます。

大気に浮遊している2.5μm以下の物質はすべてPM2.5に分類されるわけですが、主に炭素、ナトリウム、アルミニウム、硝酸塩、アンモニウム塩などが私達の体に悪影響を及ぼすといわれています。

そしてなによりその粒子の小ささが問題で、これだけ粒子が細かいと簡単に私達の呼吸とともに肺の奥深くまで侵入してしまうため体に様々な悪影響がもたらされてしまうのです。

実際にPM2.5によって発生する体への悪影響としては

喉の痛み

充血やかゆみなどの結膜炎症状

鼻水やくしゃみなどの鼻炎症状

循環器疾患

呼吸器疾患

などがあげられます。

実際に症状をみてみると、花粉症によってあらわれる症状ととても似ていますよね。

そのため今の段階で素人が、発生した症状がPM2.5によるものなのか花粉症によるものなのかを判断するのはとても難しいことなんです。

花粉症は生まれつきの体質によってなるものと思っている人もいるかもしれませんが、今まで一度も花粉症になったことのない人が突然花粉症を発症するという場合もあります。

それに加えて今話題になっているPM2.5の影響で花粉症に酷似した症状が突然発症するケースも増えています。

今まで花粉症になったことがないのに突然花粉症のような症状がではじめた。

今までも花粉症を経験してきたけど、今回の花粉症は今までのものとは症状が違う気がする(いつもより息苦しい、肌荒れがひどくなる)。

こういった場合はPM2.5による影響が出ているかもしれないので、病院を受診して原因を探ってみたほうがいいかもしれません。

なぜPM2.5が花粉症を悪化させるのか?

花粉症と似た症状を発症させる危険があるPM2.5

PM2.5には花粉症と似た症状を発症させるだけでなく、従来の花粉症をさらに悪化させる危険もあるのです。

花粉症のメカニズムを簡単に紹介しましょう。

花粉症の原因となる花粉にはスギ・ヒノキ・松などさまざまありますが、実はこの花粉そのものの状態ではアレルギー発症の原因となることはありません。

大気を漂っている花粉は呼吸によって体に侵入し、鼻水や涙などの水分に触れることで初めてアレルギー物質を放出し、このアレルギー物質に体が反応して咳や鼻水といった花粉症の症状が出るのです。

つまり大気中を漂っている花粉は基本的にアレルギー物質を放出していない状態というわけです。

しかし、PM2.5は大気を漂っている間に水蒸気を吸収し湿り気を帯びた状態になっています。

そのため花粉とPM2.5が大気中で結合すると、花粉はPM2.5が含む水分に反応して大気中に漂っている状態でもアレルギー物質を放出している状態になります。

さらに、この場合は大きさもPM1.0となり人間の体によりいっそう侵入しやすくなるというわけです。

PM2.5によって今までただ大気中にまっていた花粉が常にアレルギーむき出しの状態になり、そのうえ体の中に侵入しやすくなる。

そのため、花粉症の症状がこれまで以上に悪化する可能性があるのです。

スポンサーリンク


PM2.5と花粉症の有効な対策と飛来する時期

ニュースで頻繁に報道されていることからも分かるようにPM2.5が与える影響は、日本にいる私達も無視できるものではなさそうですね。

私達も自分でしっかりと対策をしなければ花粉症やPM2.5の症状に悩まされてしまうことになります。

PM2.5と花粉症に有効な対策

PM2.5と花粉症に有効な対策としてあげられるのは、やはりマスクの着用です。

簡単な方法ではありますが、マスクは人間が呼吸をした際のフィルターとして機能してくれます。

マスクをする上で気にしたいのが「規格」です。

ひとことでマスクといっても様々な規格のものが販売されています。

PM2.5と花粉症の予防を考えるのであれば「N99」「N95」と呼ばれる規格のものを使うようにしましょう。

PM2.5対応マスク 日本製

これらは、0.1~0.3μmの微粒子を99%以上、95%以上遮断する性能を持っています。

そのためPM2.5や花粉が呼吸をとおして体内に侵入する危険を少しでも減らすことができるのです。

PM2.5の飛来時期

また、もうひとつ覚えておきたいのがPM2.5の飛来時期です。

PM2.5は現在中国での発生が問題視されていますが、この中国で発生したPM2.5が日本にも飛来するといわれています。

中国で発生したPM2.5は偏西風の影響をうけて日本に飛来するため、2月~4月がPM2.5が最も多く飛来する時期といえます。

そのためこの時期は特にPM2.5と花粉対策を徹底する必要があるのです。

まとめ

ニュースでもよく目にするPM2.5。

PM2.5自体にも体へ悪影響を及ぼす可能性はありますが、花粉症をさらに悪化させてしまう危険も。

人間は常に呼吸をしているため、完全にPM2.5と花粉の影響を受けないようにするということは不可能です。

対応したマスクをつけて、PM2.5が飛来する時期には極力外出を控えたりして予防するようにこころがけましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ