インフルエンザの予防接種の前日や当日に飲酒しても大丈夫?

yobou01
インフルエンザが流行しだす前に、
予防接種を受ける人は数多くいます。

とくになにも疑問や不安に感じることなく
済ませる人も多いですが、

なにか引っ掛かることがあって受けるかどうか
迷っているという人もいることでしょう。

なかには、予防接種を受ける前・受けた日に
お酒を飲んでも問題がないか?

とくにこの季節は忘年会や新年会と飲む機械も多く、

また毎日晩酌をしているような人で気になっている
人もいるのではないでしょうか。

ここではこの疑問への答えを以下にまとめています。

また飲酒以外に気をつけるべきことも掲載していますので、

お酒を飲む人だけでなくインフルエンザの予防接種の
注意事項を知りたい人は、ぜひ下記の内容をご覧ください。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の前日に飲酒しても大丈夫?

とくにインフルエンザ予防接種を受ける前の日に
お酒を飲んではいけないという決まりはありません。

ただ、インフルエンザ予防接種は身体に負担がかかるもののため、
万全とはいわないまでも体調を整えて臨むに越したことはありません。

ついつい飲み過ぎてしまい、当日にアルコールが残って
具合が悪くなってしまわないよう、注意が必要です。

二日酔いがひどすぎて、予防接種を受けに行くこと
自体ができなくなるということにならないよう、

前日は仮に飲むとしても適性飲酒にとどめておくのがベターです。

もちろん、お酒を飲まずに当日を迎えることができれば、
それに越したことはありません。

お酒はやめておきたいけれど味は楽しみたいという人は、
ノンアルコールのビールなどを選択するのもひとつの手です。

インフルエンザの予防接種した当日に飲酒しても大丈夫?

インフルエンザの予防接種を受けたあとの24時間以内は、アルコールの摂取を控えることが推奨されています。

とくに大量飲酒はよくないため、

予防接種当日は禁酒したほうがよいでしょう。

また、上記の時間が経過したあとであっても、
副反応が引き起こされた場合には、

状態がよくなるまでお酒を飲まないほうがよいです。

なお、お酒を飲んだことが理由となって、

予防接種の効き目が消失してしまうようなことにはなりません。

スポンサーリンク


インフルエンザ予防接種を受けるための注意点

インフルエンザの予防接種を受けることが不可能な人がいます。

どういった人が当てはまるのかといいますと、

37.5℃以上の発熱がある人

重篤な急性疾患を引き起こしている人

過去に予防接種に含まれている成分が原因で
アナフィラキシーを引き起こした経験がある人

予防接種を受けることが適当でないと医師の
診察の結果判断された人が挙げられます。

このほか、インフルエンザの予防接種を受ける前に
医師に相談しなければいけない人もいます。

具体的には、

心臓病・腎臓病・肝臓病・血液、その他慢性疾患の治療を受けている人

過去にインフルエンザの予防接種を受けた際、2日以内に発熱、発疹、蕁麻疹
といったアレルギーの疑いのある症状が出た人

過去にけいれんを引き起こした経験がある人

過去に中耳炎や肺炎などによくかかり、
免疫状態の検査で問題ありの結果が出た経験がある人

過去にぜん息の診断が下された経験がある人

インフルエンザの予防接種に含まれている成分または鶏卵・鶏肉など鶏由来のものに
アレルギーを起こしていると指摘された経験がある人が挙げられます。

予防接種が済んだあとにも気をつけなければいけないことがあります。

前述したお酒のこともこれに含まれますが、

ほかにも予防接種後の30分間には、急な副反応が生じるリスクがあるため

医師・医療機関にすぐ連絡ができる状態にしておくことが大切です。

また、30分が経過すれば安心というわけではなく

インフルエンザの予防接種後24時間以内に副反応が起こることが多いため、

この時間が過ぎるまでは体調に十分な注意をしなければいけません。

そのほかにも、インフルエンザの予防接種後の入浴はOKですが、

注射したところを強くこするのはNGですし、

激しい運動も当日は避けなくてはいけません。

まとめ

前日の飲酒はOKですが、

当日に体調不良になるのを防ぐためには我慢するのが無難です。

日ごろ毎日のようにお酒を飲んで体に負担をかけている人は、

インフルエンザの予防接種の前日と当日は休肝日とするのもよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ