マイナンバーが他人に知られたら個人番号は変えれるの?

number05
マイナンバーを他人に知られることは危険と、
過剰に騒いでいる人がいます。

悪用される恐れがあるという情報がとくに多いのですが、

そのようなことがあちこちでいわれているとなんだか
不安な気持ちになるものです。

しかしながら、恐れる必要はありません。

以下に詳細をまとめていますので、
参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

マイナンバーが他人に知られる可能性について

「知られる」というのがそもそも悪いイメージを
持たれる一因になっているのですが、

可能性というより

マイナンバーは自ら提示する機会があります。

お勤めをされている人は本人と扶養家族の
マイナンバーを勤務先に提出しますし

個人事業主の人は確定申告時に税務署に対して
マイナンバーを提示することになります。

また、年金を受給する際には年金事務所に対し
マイナンバーを提示

健康保険を受給するときに健康保険組合に
マイナンバーを提示

児童手当の現況届申請時に市町村に
マイナンバーを提示

といった具合にマイナンバーを

「知られる」というより「知らせる」場面が数多くあるのです。

そのほか、酔っ払っているなど正常な判断ができないときに他人に
マイナンバーを教えてしまえば、知られてしまうことになるでしょう。

マイナンバーが他人に知られた場合のリスク

仮にマイナンバーが誰かの手に「渡ってしまった」場合に、
どういう危険性があるのかが気になっている人は少なくないでしょう。

この点に関してですが、リスクはほとんどないといっていいでしょう。

国のすることになんでもかんでも文句をつけたい人からすると、
責めどころがなくガッカリしてしまうかもしれませんが、これは紛れもない事実です。

というのも、マイナンバーを知られたからといって、
マイナンバーだけで悪用することは不可能だからです。

実際にマイナンバーを利用する場面では

顔写真が確認できる運転免許証をはじめとする
身分証明書などの提出が義務化されています。

そのため、マイナンバーだけ知られたからといって

なりすましの被害に遭うなど悪用されてしまう心配はまずありません。

リスクがまずないということで必要もないのに
他人にマイナンバーを教えるのはよくありませんが、

これまでと同じく身分証明書などの提出は必要であり

マイナンバーだけで手続きがおこなえるわけではないため、
知られたからといって基本的にはどうということはないのです。

スポンサーリンク


また、個人番号カードは顔写真があり、

これだけでもなりすましの抑止力がありますが、
パスワードの設定もあるため、不正に使われて
しまう心配はほぼありません。

例えば、銀行のキャッシュカードが誰かの手に渡っても

暗証番号がわからなければ悪用できないこと

どこかのWebサイトにログインし悪用しようとしても

メールアドレスだけ知られていてもパスワードが知られて
いなければ被害に遭わないことと考え方は一緒です。

マイナンバーが悪用されたら個人番号は変えれるの?

基本的にマイナンバーは一生変わりません。

また、希望すれば自由に変えることも
原則的に認められていないのが現状です。

ただ、番号の漏えいにより不正使用される
恐れがあると認められる場合には、

本人の求めか市町村長の職権で
変えることは可能と定められています。

悪用の恐れがある場合に変更が認められるという決まりのため、
実際に悪用された場合には個人番号の変更は可能になるという認識でよいでしょう。

ただし、前述したようにマイナンバーを知られたことが
原因となって、悪用されることはまずありません。

というより、マイナンバーの情報だけがあっても、
顔写真付の身分証明書がなければ悪用することは不可能です。

そのため、実際にこの例外の番号変更のお世話になることは、
いまのところないといってしまっていいでしょう。

そのほか、個人番号カードに関しては、なくしてしまった場合には
専用ダイヤルで24時間365日対応してくれます。

カードを一時的に止めることにより、不正に使われて
しまうことなどを防ぐことが可能になります。

まとめ

マイナンバーは他人に知られる可能性はあるものの、そ
れだけでなにか被害に遭うようなリスクはほぼありません。

また、万が一被害に遭う可能性がある場合には、
例外として変更が認められています。

情報が錯綜している状態ではありますが、無闇に人に教えたり、

個人番号カードを信頼できない人に渡したりしない限りは
まず大丈夫だということを頭に入れておけばOKです。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ