石油ストーブと石油ファンヒーターの違い|燃費と安全性は?

fan01

寒い季節にはなくてはならない暖房器具ってなんですか?

私の場合、真っ先に石油ストーブと石油ファンヒーターを
思い浮かべてしまいます。

エアコンやコタツなど他にも様々な暖房器具がありますが

ここでは石油ストーブと石油ファンヒーター違いや燃費と
安全性について紹介していますので

興味のある方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

石油ストーブと石油ファンヒーターの違いってなに?

一番大きな違いは、ズバリ電気を使うか使わないかの違いです

石油ファンヒーターは電源が必要ですが、石油ストーブは点火に必要な乾電池の他に電源を必要としません。

もし何らかの原因で停電になった場合、石油ファンヒーターは電源が供給されないので使用することができないのです。

たとえ燃料タンクが満タンでも暖をとることができないのです。

その点、石油ストーブは燃料の灯油と点火に必要な乾電池があれば停電時でも使用することが可能です。

これは石油ストーブの大きなメリットといっても良いでしょう。

逆に、石油ファンヒーターは電気が供給されないと使えないというデメリットはありますが、電源が供給されていれば多くのメリットがあるのです。

最新の商品では人の動きをセンサーで感知して自動で火力を調整したり、一定時間で自動消化してくれる機能を備えたものまで販売されています。

石油ストーブと石油ファンヒーター燃費がいいのはどっち?

燃費については使用する機種や年式により大きく異なります。

石油ストーブは灯油代のみ、石油ファンヒーターは灯油と電気代が必要ですから、一見すると石油ファンヒーターのほうがコストが高そうです。

しかしファンヒーターの強みはファン回転させ素早く効率的に部屋を暖めることができ、1℃単位の細かな温度調節など省エネ面では、石油ストーブよりも優れています。

これらのことからも一概にはどちらが燃費の面で優れているとは言えないのが事実です。

どちらも使用する環境や状況に合わせて選ぶと良いでしょう。

石油ストーブの反射式と対流式

fan02
反射式と対流式の違いについて説明しておきます。

反射式とは機器前面にあるものを効率よく暖めるために、輻射熱(赤外線)を効率よく反射させるために反射板が取り付けられ、一方方向への暖房効果が高いストーブのことです。

対流式とは暖められた空気が上昇することにより対流を発生させることで、効率よく部屋を暖めることができます。また、対流式ストーブは部屋の中心に置くことで空気の対流がよくなります。

スポンサーリンク

石油ストーブと石油ファンヒーター安全性にすぐれているのは?

火災や一酸化炭素の発生はファンヒーターのほうが少ないです。

安全性については石油ファンヒーターに軍配が上がります。

石油ファンヒーターにはタイマーや一定時間での自動消化機能や消臭機能

先ほど述べたように最新の物では人の動きを感知するセンサーを
搭載し自動で火力を調整できるものなど、

安全性の面では石油ファンヒーターが優れています。

しかし、いくら安全面でファンヒーターが優れているとは言え、説明書の注意事項を守り適切な運転をして、はじめて安全が保たれるのです。

これについては使用する人が十分注意をする必要があります。

まとめ

注意事項

石油ストーブや石油ファンヒーターを使用する場合

給油は必ず消化してから行うこと

カーテンなど燃えやすいものの近くで使用しない

窓を開けるなど、こまめに(1時かに1回程度)空気の入れ替えをしましょう。

適度に換気をしないと酸素が不足して不完全燃焼をおこし
一酸化炭素中毒になるおそれがあります。

この他にも多くの注意事項がありますが、メーカーや機種により変わってきますので、各説明書の注意事項よく読み安全に使用してください。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ