肺炎は人にうつる?種類によっては病院の見舞いは控える?

haien04

日本人の死因トップクラス上位の肺炎。

激しい咳(せき)や高熱、倦怠感、胸痛、痰(たん)の増加、呼吸困難などの症状の中で、とくに激しい咳が出ることもあります。

この病気の存在はほとんどの方がご存知でしょう。

ただ、人にうつるのかどうかまでは把握していない、そのような方もいるのではないでしょうか?

また、肺炎という病気は一種類しか存在しないと思っている人も少なくないでしょう。

ここでは、肺炎は人にうつる病気なのか、ほかにも何か種類があるのか、見舞いはどうすればいいのか、順番に解説しています。

スポンサーリンク

肺炎は人にうつる?種類によって違います。

この点に関しまして、結論をいうと肺炎は人にうつります。

ただし、肺炎と一口にいってもどういった肺炎なのかによって、うつりやすさは違ってくるのが特徴です。

「どういった肺炎なのかによって、うつりやすさは違ってくる」と述べましたが、肺炎と一口にいってもさまざまな種類があります。

肺炎は肺に炎症を起こす病気の総称で、種類によってうつるものとうつりにくいものとがあるのです。

うつる肺炎の主なものとしては

肺炎球菌により引き起こされる肺炎

マイコプラズマにより引き起こされる肺炎

インフルエンザウイルスにより引き起こされる肺炎

SARS(サーズ)コロナウイルスにより引き起こされる肺炎

を挙げることができます。

誤嚥(ごえん)により引き起こされる肺炎

風邪が長引いてなかなか回復しなかったために引き起こされる肺炎はうつりにくいのが特徴です。

症状が出はじめた場合には医療機関で受診し、薬物療法を中心とした適切な対処をしてもらうことが大切です。

というのも、早期に治療をはじめなければ重症化する恐れが肺炎にはあり、最悪の場合には命を落とすことになりかねないからです。

また、うつると分かった以上、予防法が知りたいと思った方もいるでしょう。

この点に関し、肺炎球菌やインフルエンザは予防接種を受ける方法があります。

しかしながら、マイコプラズマやSARSには予防接種がありません。

スポンサーリンク

マイコプラズマは手洗い、うがいなどの一般的な予防方法を習慣化するほか、患者との濃厚な接触をしない。

流行しているときにはなるべく人ごみに行かない、他人に向かって咳をしないことが大切です。

また、SARSに関しては患者が出た場合には絶対に近づかないこと!

流行しはじめた地域にいる場合にはこまめに手洗いをし、マスクを装着すること、人ごみには極力行かないことが予防につながります。

子供連れでの見舞いは控えましょう。

肺炎、とくに前述したうつりやすい種類の肺炎で入院している人のところに、子供を連れて見舞いをしに行くのはやめましょう。

というのも、子供は大人に比べて肺機能が十分に発達しておらず、肺炎を引き起こしやすいという特徴があるからです。

また、入院していなくても、たとえばインフルエンザにかかった場合には、なるべく別の部屋で過ごすようにしたり、ものを共用しないようにしたりといった具合に、インフルエンザの予防法をおこなう必要があります。

というのも、患者がインフルエンザによる肺炎を引き起こしていなくても、子供にインフルエンザをうつしてしまった場合には、子供がインフルエンザによる肺炎になってしまうリスクがあるからです。

まとめ

肺炎には複数の種類が存在し、種類によっては人にうつること、うつる肺炎の患者のもとに子供連れで見舞いに行かないほうが良いことがご理解いただけたのではないでしょうか。

なお、予防に努めていても症状が出はじめた場合にはすぐに病院へ行き、早く治して感染を拡大させないようにすることも大切です。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ