恵方巻き2016年の方角は?いつ食べるのが良いの?

ehoumaki01

いまでは全国的に食べられるようになった恵方巻き毎年、今年はどの方角を向いて食べるのだろうかと時期が近づくと気になりだす方も多いのではないでしょうか。

ここでは2016年の「恵方」のほか、恵方巻きに関するルール、そして意味や起源についても取り上げていますので、恵方巻きの知識を深めるためにお役立ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

恵方巻き2016年の方角は?

2016年(平成28年)の恵方巻きを食べる方角はずばり南南東です。

ちなみに2015年(平成27年)は「西南西」でした。

食べ方に関してですが、ご存知の方もいるでしょうが恵方(2016年は南南東)を向いて食べます。このときには喋らず、心のなかでお願いごとをしながら恵方巻きを食べ終えること、一気に食べ終えることがルールとしてあります。

また、食べ終わるまでよそ見をするのもダメですし、一本を切って食べるのもNGです。

恵方を向いたまま黙って一気に一本丸ごと食べなければ、ご利益を得ることができないと考えられているからです。

なお、小さな子どもや女性は大きい恵方巻きだと一気に食べるのが難しくなりますので、細めの小さいものを選んだり巻いたりすると良いでしょう。

恵方巻きはいつ食べるの?日時に決まりはあるの?

恵方巻きを食べる日は節分の日である2月3日の場合がほとんどです。また、時間に関してはとくに決まりはありませんが、夜に食べるのが良いと考えられています。

実際に節分の日になると晩の食卓に恵方巻きが出てきた経験がある方も多いのではないでしょうか。

なお、具材としては7種類が使用されている場合が多いのですが、これは七福神に由来するとされています。

ただ、いまは7種類でないことも多くなっています。また、使用されている具材の種類もさまざまで、とくに決まりはありません。

スポンサーリンク

恵方巻きの意味や起源について

恵方巻きは節分に食べることでご利益がある、縁起がいいとされている太巻きのことをいいます。

恵方巻きの恵方は陰陽道で2016年の場合2016年の干支により決められた最も良い方角のことを意味しています。

食べ方や7種類の具材、にも意味がこめられており、切らずに一本丸ごと食べることには「福との縁を切らない」という意味があります。

また、7種類は先述したとおり七福神に由来するとされていますが、これを太巻きにすることで「福を巻き込む」という意味が込められているのです。

そのほか、起源に関しては江戸時代の大阪で商売繁盛を願う風習としてはじまったなど諸説ありますが、恵方巻きという名称を最初に使ったのはセブンイレブンなんです。

全国で取り扱われることとなった商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」とつけられたことで知名度が高まったといわれています。

なお、この商品が発売されたのは1998年(平成10年)のことです。

まとめ

方角や食べ方のルールだけでなく、意味や起源を知ることで、これまで興味がなかったけれど「今年は自分も・・・」と思った方もいるのではないでしょうか。

恵方巻きはさまざまな市販品があるほか、自作も可能でレシピが紹介されているなどしていますので、お好きな方法で節分のイベントを楽しんでください。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ