年賀状が元旦に届くにはいつまでに郵便局やポストに出すの?

nenga101
いまは新年の挨拶は年賀状(年賀はがき)ではなく、メールやLINEなどでする人が多くなっています。

ただ、まだまだすべての人が完全にメールやLINEなどに変えているわけではなく、新年の挨拶はやはり年賀はがきでという人も大勢います。

また、相手によって年賀はがきにしたり、メールやLINEなどにしたりと、上手に使いわけている人も少なくありません。

ここでは年賀はがきの情報をお伝えしますが、年賀はがきを出す日にちは決めていますか?

早い人は12月中旬の後半には出しているという人もいると思いますが、なかには年が明ける直前の12月30日や大晦日の31日に書いて出しているという人もいるでしょう。

毎年決まって早く出している人には関係のない話ですが、年賀状を出す日にちが遅くなることによって、相手に元旦に届かなくなる場合があることをご存じでしょうか。

実は相手に年賀状が届くタイミングというのは、年賀はがきを出す日にちでほぼ決まります。

以下に1月1日に年賀状をほぼ間違いなく届ける方法や、1月1日に届く可能性が高い方法などをまとめていますので、元旦に届けることにこだわりたい人はぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

年賀状が元旦に届くにはいつまでに出せばいい?

1月1日に年賀状が相手に届いている状態にしたい場合には、年賀状の受付期間を把握しておくことが大切です。

年賀状の引受開始日は12月15日であり、全国へ元旦に配達するための最終投函日は12月25日に決まっています。

クリスマスまでに出せば、なにか問題が起こらない限り、全国のどこにでも年賀状が1月1日に届くことになります。

では、12月26日以降はどうかというと、年賀状の引受開始日~全国へ元旦に配達するための最終投函日までに出す場合より、元旦に届く可能性は低くなってしまいます。

ただ、1月1日に年賀状が相手に届く確率が0%になってしまうわけではありません。

日本郵便では12月26日以降28日までに出した年賀状に関しては、できる限り1月1日に届くようにしてくれています。

隣接都道府県あての年賀状

もう少しくわしく説明すると、隣接都道府県あての年賀状の場合、12月27日の夕方集荷分までは可能な限り1月1日に届くようにしてくれます。

同じ都道府県内あての年賀状

同じ都道府県内あての年賀状の場合、12月28日の午前中集荷分までであればできる限り元旦に届くようにしてくれます。

また、28日までに間に合わなかった場合でも、引受郵便局と一緒の地域への年賀状は、12月30日の午前集荷分までは可能な限り元旦に届くようにしてくれます。

引受郵便局と郵便番号上2ケタが一緒の地域への年賀状は、12月29日の夕方集荷分までは可能な限り1月1日に届くようにしてくれます。

なお、郵便物を出した次の日に届く範囲の地域の相手に年賀状を送る場合、「25日までに間に合わなかった、でもなんとしても元旦に届いているようにしたい」という人におすすめの方法があります。

年末の12月30日までに郵便局の窓口まで足を運び、配達日指定のはがきとして出せば、1月1日に相手のもとに届けられます。

そのほか、年賀状を出すのが遅すぎてしまい、どう考えても元旦には間に合わない…

また、年賀状を書き損じてしまった…

このような場合には

「年賀状が元旦に届かないときの書き方!松の内を過ぎたら?」

「書き損じた年賀状の交換手数料と期間|未使用はがきも同じ?」

こちらの記事内容が役に立つと思いますので、チェックしてください。

スポンサーリンク


年賀状が元旦に届くための期限は郵便局とポストで違うの?

年賀状が相手のもとに届く日を1月1日にしたい場合、ポストへの投函を選択する場合には注意しなければいけないことがあります。

ポストに投函された年賀状は、集荷されたあとに配達が行なわれる仕組みになっています。

そして、ポストには最終集荷時刻が定められており、この時刻のあと、たとえば25日の最終集荷時刻に年賀状が回収されたあとは、25日中に集荷が行なわれることはありません。

次の日の最初の集荷時刻に年賀状が集荷されて、配達が行なわれることになるのです。

自分では25日にポストに投函したため、25日に年賀状を送ったという気になりますが、実際には26日に出したことになります。

これが年賀状を出すことにどう影響するのかといいますと、たとえば25日までに間に合わなかった場合、隣接都道府県あての年賀状の場合、12月27日の夕方集荷分までは可能な限り1月1日に届くようにしてくれるというお話をしました。

「夕方集荷分まで」とありますが、例えば12月27日の夜にポストに投函した場合には、次の日に集荷されたあと配達されることになります。

せっかく25日までに間に合わなくても、年賀状が元旦に届くように努力してくれるというチャンスを、12月27日の夕方集荷までに間に合わなかったせいで逃してしまうことになりかねません。

また詳しい集荷時刻がわからない場合には、直接郵便局に行き窓口で局員さんに預けると安心ですね!

おわりに

以上のように、年賀状は出すタイミングによっては元旦に届かないことがあります。

この仕組みを知っている人が相手だと、「あの人は年賀状を書くのが遅いんだなぁ」とちょっとしたマイナス評価につながってしまうようなことがないとはいいきれません。

世間がクリスマスムードのなか、年賀状を出す用意をはじめるのはあまり気が進まないという人もいるでしょうが、年明けの1月1日に確実に届けたいと思っている人は、年賀状の引受開始日からあまり日が経たないうちに年賀状を出しましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ