電子レンジでアルミホイルは危険?オーブンレンジなら火花は出ない?

renji03
電子レンジにアルミホイルを入れて加熱したところ、火花が出たという事故が多発しています。

このことに関して電子レンジは危険だけどオーブンレンジは大丈夫なのか?気になっている人もいるのではないでしょうか。

今回は電子レンジでアルミホイルの使用は可能なのか?

すでにレンジを使用している人、今後購入する人にとって有益な情報を提供します。

事故を起こすことなく安心してレンジを使用するためにも役立つ内容となっていますので、ぜひ以下の内容をご一読ください。

スポンサーリンク

電子レンジでアルミホイルは危険?

電子レンジでアルミホイルを使用した場合、火花が出る原因になります。

さらに火花が電子レンジのなかにある食品に引火した場合、火災を引き起こす恐れがあり大変危険です。

また、仮にこのような事故が起こらなかったとしても、電子レンジ自体が故障してしまう原因になりかねません。

よって、電子レンジのメーカーは、電子レンジでのアルミホイルの使用を基本的に禁止しています。

なお、こうしたトラブルが起こるのはアルミホイルだけではありません。

金や銀の装飾が施された金属が使用されている食器は火花が発生したり、水分量が少なく焦げやすい食品(さつまいも・かぼちゃ)などは発火のリスクがあります。

電子レンジで使用できる食器

  • 陶磁器(金箔・銀箔などが使われているものは不可)
  • 耐熱ガラス
  • 耐熱プラスッチク(耐熱温度が140℃以上)

などになります。

注意耐熱ガラスは加熱後に急激に冷やすとヒビが入ったり割れる場合があるので注意が必要です。

突沸に注意!

ドリンクやスープなどの液体を加熱すると突沸(とっぷつ)と呼ばれる、爆発するように沸騰する現象が起こることがあります。

他にも、蓋を締めたペットボトルなどを温めると容器の変形や爆発が起こります。

また、卵やソーセージ、たらこなど殻や皮、膜に覆われているものは、電子レンジで加熱すると破裂してしまいます。

電子レンジの庫内は清潔に

renji01そのほか、電子レンジ内の汚れを放置しておくと、乾燥して炭になり、加熱により火花が飛んだり、発煙や発火が起こることになりかねません。

なお、工夫すれば電子レンジでアルミホイルを使用しても問題ないとされていますが、この場合はなぜアルミホイルを使用しても問題ないのか?

この辺りの意味が十分理解できないまま電子レンジでアルミホイルを使用することは、万が一失敗したときのことを考えるとやめておくのが無難です。

前述したようにメーカーでアルミホイルの使用は基本的に禁じられており、事故を助長することになりかねないため、使用方法はここでご紹介するのは控えさせていただきます。

スポンサーリンク


電子レンジとオーブンレンジの違いは?

電子レンジとオーブンレンジの違いを説明する前に、電子レンジとオーブンの違いを説明します。

電子レンジ

まず、電子レンジは電波でなかに入れたものを温めます。

前述したように、なかに入れるものによっては火花が出たり、火災に発展したりする恐れがあるほか、なかのものの爆発、破裂、変形、電子レンジ本体の故障といった事故が起こり得ます。

オーブン

次にオーブンですが、これは電流などを生じさせることなく、ヒーター熱で直接温めます。

電子レンジでは使用不可のアルミホイルが、オーブンの場合は使用可能です。

では、オーブンレンジとは一体なにかといいますと、電子レンジの機能とオーブンの機能の両方が搭載されている製品のことをいいます。

オーブンレンジならアルミホイルを使っても火花はでない?

オーブンならアルミホイルを使用しても火花はでません。

これはオーブンレンジのオーブン機能を使う場合のことであり、電子レンジ機能でアルミホイルを使用するのはNGです。

間違って、電子レンジの機能でアルミホイルを使った場合には、火花が出たり、食品に引火して火災が起こったりといった事故が起こる原因になります。

おわりに

簡単に食品を加熱調理できて調法する電子レンジですが、入れてはいけないものを把握したうえで使用しないと、思わぬ事故を起こすことになりかねません。

不安な方はいま一度レンジの取扱説明書を確認し、安全に使用してください。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ