インフルエンザの家族感染を防ぐには?効果的な予防法は?

infuru03

インフルエンザは人にうつることをご存知の人は多いでしょう。人にうつるということは、当然一緒に暮らしている家族にもうつるリスクがあります。

これをいわゆる家族感染と呼びますが、防止するにはどうしたら良いのか疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは家族感染がなぜ起こるのか原因を解説するとともに、予防に効果的とされている方法、また感染者が家にいる場合、感染していない家族までもが仕事や学校に行かないほうが良いのかを以下にまとめています。

スポンサーリンク

インフルエンザの家族感染はこうして起こる!

インフルエンザの感染経路を把握することで、家族感染の起こりかたが分かります。おもな感染経路としては飛沫(ひまつ)感染と接触感染が挙げられます。

飛沫感染

まず飛沫感染がどういうものかといいますと、インフルエンザにかかっている家族のだれかがせき・くしゃみをします。

その際の飛沫にはウイルスが含まれており、別の家族が口や鼻から吸い込んでしまうことにより、ウイルスが体内へと侵入し、感染・発症となるわけです。

接触感染

次に接触感染ですが、インフルエンザにかかっている家族のだれかがせき・くしゃみをする際に口を手で押さえたり、鼻水を手でふいたりしたあと、そのまま何か別のものに触れたとします。

そしてその触れたものに別の家族が触れ、手で口、鼻、目を触った場合、粘膜などを通じ体内へとウイルスが侵入し、感染・発症するのが特徴です。

同じ空間にいたり、同じものに触れることの多い家族は、インフルエンザにうつりやすいため警戒しなくてはいけません。

インフルエンザの家族感染を防ぐ効果的な予防法は?

まず感染者の家族が早くインフルエンザを治すことが大切です。症状が出たらすぐに医療機関で受診し、薬を使い安静にしましょう。

また、せき・くしゃみで唾液や鼻水が飛散しないよう、マスクを装着してください。感染者だけでなくウイルスの付着した手で口や鼻をいじることがないよう、ほかの家族もマスクをしましょう。

このほか、同じ空間にいることにより、飛沫感染や接触感染は起こりやすくなりますので、感染した家族を隔離することも大切です。なるべく別の部屋で過ごしてもらうことが家族感染防止につながります。

スポンサーリンク

そのほか、なるべく一緒のものを使わないことも接触感染を回避するためには大切です。

また、インフルエンザにかかっている家族が使ったティッシュに付着した鼻水、唾液にはウイルスが付着しています。そのため、ビニール袋に入れて捨ててもらうなど、密閉することも対策を徹底したい場合には必要になってくるでしょう。

そして家族感染予防には基本的なことではありますが、手洗いやうがい、アルコール消毒はこまめに、換気や加湿を家のなかでは行うことが大切です。

なお、アルコール消毒は手だけでなく物に対しても消毒することをおすすめします。

家族がインフルエンザに感染したら仕事や学校は休むべき?

感染者は当然休んだほうが良いのですが、ほかの家族となると取り扱いが異なります。

休まなければいけない場合もあれば、休まなくていいこともあります。このあたりのことは学校、勤務先の取り決めにしたがいましょう。

なお、休まなくていい場合には、前述した対策はしっかりと行うことが大切です。インフルエンザは流行性のものであり、家族だけでなく勤務先や学校で関わる人にまで感染させてしまう恐れがあるからです。

まとめ

インフルエンザは上記のとおり、知らず知らずのうちにウイルスに触れたり吸い込んだりして感染・発症してしまうものです。

感染者自身だけでなく、家族も普段以上に予防に努める必要があり、また仕事や学校で接する人にまで感染を拡大させないように注意しなくてはいけません。

今回ご紹介した効果的とされている予防法を実践し、家族感染0で済ませるようにしたいところです。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ