北海道新幹線の停車駅と一番列車の新函館北斗駅の発車時刻!

sinkansen01
2016年3月の開業が待たれる北海道新幹線!

新幹線というと2015年3月の北陸新幹線が金沢まで開通したことも記憶に新しいですよね。

今回は北海道新幹線の停車駅と一番列車の情報などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

北海道新幹線の停車駅

北海道新幹線の区間は新青森駅~新函館北斗駅となっており、その間の停車駅も合わせると次のようになります。

新青森駅→奥津軽いまべつ駅→木古内駅→新函館北斗駅

この中で北海道に位置している駅は木古内駅と新函館北斗駅の二駅です。

北海道新幹線の開業のニュースを聞いた時、多くの人は「札幌駅」までの開通を望んでいたことでしょう。

2016年3月の開業の際は、あくまで新函館北斗駅までの運行、つまり北海道と本州の橋渡し的な意味での運行となるようですね。

2016年3月の開業で札幌駅まで区間が伸びなかったのは少し残念ですが、北海道新幹線は開業して終わりではありません。

2030年までに新函館駅からさらに札幌駅まで区間を延長する計画も持ち上がっています。

とにもかくにも、停車駅は少ないですが北海道と本州が新幹線で結ばれることの意味合いは非常に大きいでしょう。

北海道新幹線の一番列車!新函館北斗駅の発車時刻!

新幹線の開通に伴い「一番列車に乗ってみたい!」と思う人も多いかもしれませんね。

北海道新幹線の開業日は、2016年の3月26日。

北海道新幹線が発表した運行のダイヤから始発に関する情報を載せておきます。

上り(はやぶさ10号)

新函館北斗…発 6:35

木古内…発 6:48

奥津軽いまべつ…発 7:26

新青森…着 7:41

盛岡…着 8:44

仙台…着 9:29

大宮…着 10:38

東京…着 11:04

下り(はやぶさ1号)

東京…発 6:32

大宮…発 6:58

仙台…発 8:06

盛岡…発 8:49

新青森…発 9:52

奥津軽いまべつ…発 10:08

木古内…発 10:45

新函館北斗…着 10:58

り(はやて91号)

新青森…発 6:32

奥津軽いまべつ…発 6:48

木古内…発 7:25

新函館北斗…着 7:38

スポンサーリンク


一番列車発車時刻

東京行きの上り一番列車は新函館北斗駅を午前6:25分に出発。東京発の下り一番列車が午前6:32分発になります。

北海道新幹線 東京から新函館北斗間の所要時間と料金は?

新幹線開通で気になるポイント所要時間と料金もみていきましょう。

所要時間

東京~新函館北斗の最速所要時間は4時間2分です。

しかし、実際にこの最速所要時間で運行するのは、上りが「新函館北斗17:21分発はやぶさ34号」の1本のみ。

下りは東京発8:20分発はやぶさ5号・東京発9:36分発はやぶさ11号の2本のみとなっています。

東京~新函館北斗を結ぶ新幹線は上りと下り、ともに10本となっています。

最速で走る上りの「はやぶさ34号」、下りの「はやぶさ5号」「はやぶさ11号」は、いずれも青森の奥津軽いまべつ駅と北海道の木古内駅には停車しません。

最速のもの以外の便をみてみると、東京~新函館北斗の間の所要時間は「4時間14分」「4時間29分」、最も時間がかかるもので「4時間33分」で、平均所要時間は「4時間19分」となっています。

料金

東京~新函館北斗間の普通車指定席を利用した場合の運賃と特急う料金の金額は2万2690円となるようです。

この料金は、JR他社と比べると割高なものとなっています。

その理由のひとつとして、整備にかかるコストの高さがあるようです。

北海道といえば言わずもがな積雪寒冷地。

そのうえ営業区間の5割以上が貨物列車との共用を可能とする特殊な線路のため、安全面の確保のために新しいシステムを導入。

新幹線が通過する海底トンネルは開業からすでに約30年と、様々な場所での整備が必要になるのです。

まとめ

2016年の開業が待たれる北海道新幹線。

開業までの動きもそうですが、開業後の札幌までの展開も気になる部分ですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ