卒業旅行で海外へ!親に心配かけない治安のよい国ベスト5!

travel01

数年間の大学生活を満喫して、もうすぐ卒業。

「せっかくなら卒業の最後に仲良くなった女友達数人で海外に旅行したい!」と考える女子大生も多いでしょう。

しかし、そんな願いを快く認めてくれない親もいます。

今回はそんな海外への卒業旅行に関するお話です。

スポンサーリンク

卒業旅行で海外へ行きたいけど親が許してくれない

友達と「卒業旅行に海外に行って最後にみんなで思い出作ろうよ!」なんて会話が、卒業を控える女子大生の間では多くされることでしょう。

「いいね!どこ行く!?」

なんてその場の会話は盛り上がるものの、いざそのことを親に話すと

「そんなことは許しません!せめて国内にしなさい!」

と親に反対される大学生も多いことでしょう。

どちらの気持ちもよく分かります。

女子大生の立場からすれば、最後にみんなと海外に行っていい思い出を作りたいんですよね。

大学を卒業してからじゃみんなと時間を合わせたり、時間を気にせず海外旅行をするなんて難しいですもんね。

大学卒業といったら多くの人がもう20代前半。

親に反対されても、「もう子どもじゃないんだから!」と反論したくもなりますよね。

でも親の立場からすると、自分が大切に育ててきた娘を例え旅行といえども海外に行かせるなんて不安で不安で仕方ないんですよね。

実際に最近のニュースを見ていればどんな親だって娘が「海外旅行に行きたい」と言い出したら、いい顔はしないでしょう。

それだけ最近は海外の治安悪化が目立っているのです。

それに国内の旅行でなにかトラブルがあっても、国内であればまだ親もそれなりに対応することだってできます。

しかし、海外となるとそういったことも簡単にはできませんからね…。

女子大生が卒業旅行に行くのであれば、こういった親の気持ちを汲み取ったうえでしっかりと自分の安全を保てる卒業旅行の計画を親に提示する必要があるでしょう。

卒業旅行におすすめの治安の良い国ベスト5!

とにもかくにも親からしたら、最も気になるのは旅行先の治安、本人の安全です。

少しでも治安のよい国を旅行先の候補としてあげることで、親も海外旅行を認めてくれるようになるかもしれません。

スポンサーリンク


卒業旅行におすすめできる治安の良い国ベスト5をご紹介しましょう。

第5位 アイスランド

世界平和度が№1であるアイスランド。

アイスランドといったらオーロラが有名ですよね。

他にも岩の絶壁と運河が織りなす息を飲むような絶景を楽しめるカルディダルール、幻の氷の絶景と呼ばれるヴァトナヨークルト氷河などの見どころが盛りだくさんです。

第4位 キプロス

地中海に浮かぶキプロス。

現地に住む人々の性格は温厚で、留学の地としての人気も高いことから治安の良さもうかがえます。

ヨーロッパの観光地としても人気が高く、海を囲うような形をしている街「ニコシア」など、豊かな自然と景色の中で旅行を楽しむことができます。

第3位 シンガポール

観光業が主な産業となっているシンガポールなら、たくさんの旅行での思い出を作ることができるでしょう。

元々観光業が発展しているため、旅行先としても人気が高くマーライオンや、マリーナ・ベイ・サンズの夜景など一生の思い出に残ること間違いなしです。

第2位 ルクセンブルク

ルクセンブルクも観光業が盛んなヨーロッパの小国であり、豊かな町並みを散策するだけでも日本とは違った雰囲気を楽しむことができます。

多くの歴史的建造物が残るルクセンブルク市を散策すれば、まるで絵本の世界に入り込んだような錯覚を覚えるほどです。

第1位 オーストリア

アルプスの山並み、音楽の都として有名なウィーン。

雄大な自然と町並み、そして音楽文化でにぎわうオーストリアが第1位です。

治安の良い国でも最低限のリスク管理は必要!

上で紹介した治安のよい国を海外旅行先にすれば、親も多少は安心してくれることでしょう。

しかし、治安のよい国を選べば海外旅行を許してもらえるというわけではありません。

もし「○○っていう治安の良い国を選んだから、海外旅行行ってもいいよね!」

なんていう聞き方をしたら、親にさらに反対されることにもなりかねません。

こんなことは言いたくはありませんが、どんな国でも、どんな場所でも犯罪を起こさない人がいない場所はありません。

あくまで先ほど紹介した場所は、「治安の良い国」であり、「危険がゼロな国」というわけではないのです。

治安の良い国を旅行先に選ぶのは、あくまで親を説得する下準備と考えましょう。

治安の良い国を選んだうえで、さらに海外旅行にどういうリスクがあるのか、

そしてそういったリスクを回避するために旅行先でどういう行動をとるのか、

といったような最低限のリスク管理をする覚悟と準備ができて

初めて、親は海外旅行を許してくれるでしょう。

まとめ

海外旅行に女子大生だけで行きたい!

そんなことを聞いたら親はまず良い顔はしないでしょう…。

でも親は決してあなたを箱入り娘にしたいわけではありません。

自分の娘が心配なだけなのです。

卒業旅行で海外に行くのであれば、なるべく治安の良い国を選び、最低限のリスク管理の知識をつけたうえで、余裕をもって旅行の計画を立てましょう。

女子大生の海外旅行には、しっかりとした下準備と親を説得するための長い時間が必要だと思っていたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ