ホワイトデーに妻へサプライズ!喜ばれるお返しを選びたい!

surprise01
世の既婚の男性の方々!

結婚してから記念日などをないがしろにしていませんか?

結婚して「彼女」から「妻」に変わった途端に、大切な記念日やイベントごとなどを忘れてしまう男性は多いようですね…。

そんなことでは、せっかくの夫婦の関係もあまりよろしくないことになってしまうかもしれませんよ。

今回は、少しずつ近づいてきているホワイトデーの妻へのお返しに関する情報をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ホワイトデーに妻へサプライズ

ホワイトデーのお返しにどんなものを贈ればいいか?

これは結婚している、していないに関わらず多くの男性が頭を悩ませる部分ですよね。

しかし、結婚してから自分の妻にホワイトデーのお返しをするなら、「なにをプレゼントするか」だけでなく「どのようにしてプレゼントするか」も考えてほしいんです!

いわゆるサプライズってやつですね。

彼氏と彼女の関係でいるときはいつもラブラブだったのに、結婚してからというものなんだかマンネリを感じていませんか?

もちろんマンネリが悪いということではありません。

それだけお互いの存在が、お互いにとって当たり前でありながらも大切な存在になっているということですからね。

ですが、そんなマンネリの毎日だけではちょっとつまらないと思いませんか?

せっかくのホワイトデーというイベントごとです。

普段はしないようなサプライズを考えて、奥さんを喜ばせてみませんか?

結婚生活の中でサプライズなんてされたら、奥さんはきっと昔のラブラブだったころを思い出してくれますよ。

「サプライズはめんどくさい…。」と思っている男性も、いざ奥さんが喜んだ顔をみたら「やってよかった!」と思えるものですしね。

サプライズといっても、決して部屋にたくさんの風船を置いて…とか、そんな大掛かりなことしなくたっていいんです。

ホワイトデーの朝に自分の家のポストなどに妻へのお返しを入れておくだけでも、立派なサプライズなんですからね。自分ができる範囲のサプライズでOKなんです!

ホワイトデーに妻に喜ばれるお返し選びのポイントとNG

どんなにサプライズを考えても、お返し自体が奥さんのハートをキャッチできなかったらちょっと残念ですよね。

簡単に奥さんに喜ばれるお返し選びのポイントをご紹介しますね。

妻のことを考えて選んでみる

ホワイトデーのお返しを選ぶときは、妻のことを考えてお返しを選んでみましょう。

ちょっとこれだけだと意味が伝わらないかもしれませんね。

例えば…あなたの奥さんは毎日の家事で手が荒れてしまっていませんか?

そんなときに、旦那さんからハンドクリームなどをお返しとしてもらえたら「自分のことを心配してくれたのかな…。」と思って嬉しくなりますよね。

例えば…奥さんの好きなスウィーツとかってありませんか?

交際期間を経て結婚をして…長い間一緒にいるあなたなら奥さんの好みも分かるはずです!

お菓子やスウィーツはホワイトデーのお返しとしては定番ですが、ピンポイントで奥さんの好みのものを選べれば、奥さんだって嬉しいですよね。

こんな感じで、妻のことを考えてホワイトデーのお返しを選ぶと奥さんも「私のことを考えて選んでくれたんだな。」と分かるので嬉しくなるんですよね。

スポンサーリンク


お返しの金額は、家庭の状況も踏まえて…

彼氏と彼女として付き合っていたころのプレゼントは、ある程度の金額のもののほうが喜ばれることが多いんですよね。

しかし、結婚したということは二人でひとつの家庭をささえているわけです。

奥さんは毎日せっせとあれやこれやと切り詰めて、家計をやりくりしているかもしれませんよね。

そんな状況であまりにも高級なアクセサリーなどをプレゼントされても、嬉しいには嬉しいかもしれませんがそれ以上に「ここにお金をかけるほどうちに余裕はない気が…。」なんていう考えが頭をよぎりかねません。

シビアな話になりますが、自分の家の家計の状況も少し頭の隅におきながらお返しを選んだ方がいいですね。

なにも高価なものをお返しすればいいっていうものでもありませんからね。

お返しにはしっかりとラッピングして!

これはお返し選びというより、お返しの渡し方になります。

お返しはしっかりとラッピングして渡すようにしましょう。

むき出しのままお返しを渡されても「あぁ。きっとホワイトデーだってこと急に思い出して、慌てて買ってきたんだろうな…。」と奥さんは感じてしまい残念な気持ちになってしまいます。

ホワイトデーに妻への感謝を手書きメッセージで伝えよう!

結婚して二人で一緒に支えあいながら生活をしている二人。

二人でいることが当たり前になりすぎて、妻への感謝の気持ちを普段は伝えられないという男性も多いですよね。

そんなときは、このホワイトデーというチャンスを生かして、奥さんに感謝の気持ちを添えた手書きのメッセージカードを贈ってみませんか?

メッセージカードといっても、そんなに長い文章を書く必要はありません。

普段の感謝の気持ち。バレンタインのお礼。普段は言えない「愛してるよ」なんて恥ずかしくなるような言葉も添えられるといいですね。

もしかしたら、人によってはあまり値段の張るお返しが用意できないかもしれませんよね。

でも、そんなささいなお返しでもあなたが手書きをしてメッセージカードが添えられているだけで、奥さんにとっては特別なものに変わります。

普段一緒にいて存在が当たり前になっているからこそ、こういう機会に感謝の気持ちを伝えてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

結婚してから迎えるホワイトデー。

こうしてお返しを渡す際のポイントなどをまとめてみると、夫婦の場合は「彼氏と彼女」という関係でいたときのお返し以上に「気持ち」の面が大切になることが分かりますよね。

普段はイベントごとなどが苦手なあなたも次のホワイトデーは、奥さんにめいいっぱいの感謝の気持ちを添えてお返しをしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ