赤ちゃんのRSウイルス症状は?肺炎など重症化の恐れあり!

rs01
冬の時期になるとインフルエンザへの感染が心配ですよね。

生まれたばかりの赤ちゃんをもつ親御さんはとくにそうだと思います。

しかし、冬の時期に注意したい感染症はインフルエンザウイルスだけではありません。

今回は、冬の時期に気をつけたいRSウイルス感染症についてご紹介します。

赤ちゃんのRSウイルス症状は?

RSウイルスは、赤ちゃんから大人まで幅広く感染する可能性があるウイルスです。

このウイルスは秋から徐々に増加しはじめ12月にピークを迎え、3月頃に落ち着くのが一般的です。

しかし過去には、流行のスタートが早く秋にピークを迎えたケースもあります。


生後1歳までに半数以上がRSウイルスに感染

2歳になるまでにはほぼ100%の子どもたちが

このウイルスに感染するといわれています。

症状としては

鼻水

発熱

が基本的なものとなっています。

体に免疫力が備わっている大人が感染した場合は、このように風邪と似たような軽い症状ですむことがほとんどです。

しかし、免疫力の低い赤ちゃんが感染すると細気管支炎や肺炎といった症状に重症化しやすいため、注意が必要なのです。

また、このRSウイルスは何度でも感染します。

そして感染の経路は主に飛沫感染と接触感染。

さらに大人の場合は、症状が風邪の症状と似ているため、

知らず知らずのうちに自分の子どもにRSウイルスを感染させてしまう
危険
があるため、細心の注意を払う必要があります。

1歳未満の赤ちゃんは肺炎など重症化の恐れ有り!

上でも述べたように、抵抗力のある大人がRSウイルスに感染しても風邪に似た症状ですむことが多く、時間の経過ともに自然に治癒することがほとんです。

しかし、1歳未満の赤ちゃんがRSウイルスに感染すると肺炎や細気管支炎といった重症化につながる恐れがあります。

免疫力の低い生後1歳未満の赤ちゃんがRSウイルスに感染した場合、まず通常の風邪と同じような症状が出て、さらに38~39℃の高熱が出るようになります。

そして、「ぜーぜー」といった喘鳴(せんめい)を伴った呼吸が見られるようになる場合があるのです。

このように苦しそうな呼吸が聞こえた場合、肺の奥で発症する細気管支炎の可能性が高く肺炎につなってしまう危険性も。

冬の時期に猛威を振るうウイルスとして一般的に有名なのはインフルエンザウイルスですよね。

しかし、生後1歳未満の場合はインフルエンザに感染するよりも、RSウイルスに感染して死亡してしまった例の方が多いのです。

それくらい1歳未満の赤ちゃんのRSウイルスへの感染は恐ろしいものなんです。

赤ちゃんがRSウイルスに感染した場合の治療法は?

重症化してしまうケースも珍しくないRSウイルスの感染症。

その治療法は残念ながら存在しません。

RSウイルス感染症には抗生物質が効かないため、対処療法で症状が収まるのを待つしかないのです。

大人が感染した場合は、風邪と似たような軽い症状ですむことが多いのでそもそも治療らしい治療をすることもありません。

しかし、何度もいうように赤ちゃんがRSウイルスに感染した場合は、肺炎などの重症化も考えられるのでとても危険です。

通常の風邪の症状が出た場合もそうですが、呼吸が苦しそうだったりした場合はすぐに病院を受診するようにしましょう。

RSウイルスに感染しており、その後の症状の重症化が予想される場合は入院をして、点滴などをして治療をすることもあります。

まとめ

RSウイルスは非常に感染力が強く、赤ちゃんが感染すると重症化しやすいのが特徴です。

秋から春の入り口にかけて風邪の症状が出た場合は、インフルエンザだけでなくRSウイルスへの感染も疑う必要があるでしょう。

特に赤ちゃんの場合は風邪かな?と軽い気持ちでとらえず、一度病院をしっかり受診するようにしましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ